2017/2/21 [Participating an event] Research and Reflections on Fukushima Today: Recovery Progress Since the Triple Disaster of 03.11.11

先月二人のメンバーがボストン日本協会の3.11関連のイベントに参加しました。福島の今日についての研究、3.11での三重災害(東日本大震災、津波、福島第一原子力発電所事故)の復興の進捗状況についてのお話を聞きました。

福島大学の研究グループが様々な視点から地域の復興と生活、福島第一原子力発電所の現状、その他たくさんの情報を言葉や写真、データを通じて分かりやすくお話していただきました。私にとって最も印象深かったのは以下のお話です。

ただ”頑張れ”と励ますよりも、理解して欲しい。
イメージで判断するのではなく、事実を知って欲しい。

お話をされた方々と直接お話出来る機会もあり、とても貴重な時間を過ごすことが出来ました。

また、今回のイベントを通じて私達てわっさの3.11メモリアルキャンドルイベントのことをお伝えしたところ、ボストン日本協会の方からメールやウェブサイトで告知をしてくださいました。温かいサポート、本当にありがとうございました。

Last month, two members participated an event related 3.11 that was organized by Japan Society of Boston. It was “Research and Reflections on Fukushima Today: Recovery Progress Since the Triple Disaster of 03.11.11.“ Triple disaster is Great East Japan Earthquake, Tsunami, and the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident.

The research group from Fukushima University, from several points of view, they talked intelligibly many information of regional reconstruction and their lives, current situation of Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant through words, photos and datas. The most impressive stories for me as follows.

Please understand the situation in stead of just say “hang in there.”
Please know the truth in stead of judging from the image from the media.

I was glad that I had an opportunity to talk with them, it was so valuable time.

At the event, we told them about our 3.11 memorial candle event. Japan society of Boston had announced it through their email and website. We appreciated your warm support.

20170221_japansocietyofboston 20170221_speakers